銀行系カードローンが持つメリット

私たちが利用できるカードローンは大きく2つのグループに分けることができます。

2つのグループというのは銀行系のカードローンと消費者金融系のカードローンのことになります。2つのカードローングループのうち、より大衆向けなのは消費者金融系のものだと言って差し支えなはないでしょう。

消費者金融系のカードローンではアルバイトやパートタイムのような非正規雇用で働いている方々でも、収入が安定していると評価されると審査に通ることが可能です。一方、銀行系のカードローンでは収入が安定していたとしても、非正規雇用の方が審査に通るのは少し難しいとされています。この面だけを取れば、消費者金融系のカードローンのほうが良さそうに感じられますが、銀行系のカードローンにもメリはあります。例えば、年収の3分の1以上の融資を受けられるのは銀行系のカードローンが持つ大きなメリットになるでしょう。

消費者金融系のカードローンでは総量規制という決まりにより最大で年収の3分の1までしか融資を受けることができないのです。融資額以外にも銀行系のカードローンには利息が安いという大きなメリットがあります。

その分だけ審査は厳しいと言われていますが、利息が安いというのは見逃せない大きなメリットになるでしょう。

カードローンの利用を考えるときには銀行系と消費者金融系をよく比較して申し込むといいでしょう。

このページの先頭へ