無人契約機でキャッシングをするデメリットとは

キャッシングをする際に、無人契約機での借り入れを考えているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

無人契約機は、誰とも会話をせず、申込みからカード発行までを完結することが出来るというメリットがありますが、デメリットも存在しています。

まずは、無人契約機の場合、営業時間が限られているというデメリットがあります。インターネットからの申込みの場合には、24時間申込みが可能ですが、契約機は、基本的には21時までの営業時間となっていることがほとんどです。

今すぐ申込みをしたいという場合にも、営業時間が終わってしまっていることがありますので、その際にはネットからの申込みをする必要があります。

また、無人契約機からの申込みの場合、審査が完了するまで、無人契約機の中で少なくとも30分程度待たなければいけないというデメリットがあります。

審査は、どれだけ短い時間でも30分程度はかかることが多いので、この間の待ち時間を空間で過ごさなければならないため、くたびれてしまうという意見もあります。

また、無人契約機からの申込みは大変便利ですが、契約機のある場所まで行かなければならないというデメリットもありますし、誰かに見られてしまうという可能性もあります。


関連記事

  • 無人契約機でキャッシングをするデメリットとは (← この記事)

このページの先頭へ